社会保険労務士になるための最低条件

近年、人気のある士業系の資格の中でも最も人気が高いといえるのが社会保険労務士でしょう。
数年前まではとても地味な印象を受けたはずの社労士ですが、最近は高齢化社会などの時代の波に乗ってぐんと知名度や注目度もアップした資格です。

さて、この試験を受けてみたい!と思っている人も多いかと思いますが、社労士には実は誰でも受験できるものではありません。
そう、「受験資格」というものが存在します。これを満たしていないと試験を受けることすらもできませんからしっかりと確認しておきましょう。

大学の一般教養科目修了者、短大もしくは高専の卒業者である
労働社会保険諸法令の事務に公務員として従事した期間が通算で3年以上
行政事務に3年以上従事した
民間企業や労働組合で労務や労働保険諸法令の事務に従事した年数が通算3年以上
行政書士、司法試験2次試験、弁護士試験、税理士試験、公認会計士試験などに合格
し一定の資格を持っている。

この3つのうち、いずれかをクリアしていることが最低条件です。
厳しい内容ですが、その分、その資格を取得できれば価値も高いということです。
ちなみに、2つ目の受験資格が該当する、という人は、試験機関や受付場所であらかじめ確認しておくことを忘れずに。受けられると思ったら若干足らなかった…なんて悲しいですからね。

努力は必ず報われます。ぜひ、社労士を目指す人は厳しい試験を突破し立派な社労士になっていただきたいと思います。

*このサイトは現在準備中です